今後のJYAG参加者

私は今後のJYAG参加者及び私と関わったアーティストの為に、東京での発表の機会や、日本での活動の場を広げるために展示場をつくる。
場所はわが同士Nさんが探してくれるでしょう。
このブログをもってお願いすることにする。
こういう事も、芸術の追求である。
芸術を追求すると言うことは、今日と昔ではかなり隔たりがある。その理由は社会的状況がまるで違ってしっまったのである。実は、その事に芸術界のリーダーが敏感であれば、日本は今のようなガラパゴス化していなかったのである。残念ながら今や手の尽くしようもない。しかしながら、それを放置して置くことは私にとって許し難い。
ここに、わたくしは、自らの力不足を省みながらも、堂々と若い未来のある日本のアーティストの為に尽力することを宣言する。

平成27年8月4日
Rin TERADA

“今後のJYAG参加者” への1件のフィードバック

コメントを残す