TERADAより

昨日、どういう吹き回しか、私のところにリーマンブラザーズの人がきた。いったいこんな田舎に何の用事があって来たのか、どう見ても投資家であった。田舎に彼らが来るという事は、こうした田舎に何かの政策が考えられているのかも…。と思わないこともない。彼は私の作品を見て、52メートルの音楽が気に入ったみたいであった、そして、カタログを見て、値段の話しをしたが、日本に来てそんな話をしたのは始めてかも…。今、私が取り組んでいる仕事を考えると、そうした人が、訪れてくれることは望ましい。それはきっと何かの力となりエネルギーが蓄積されていくものである。いますぐに何もおこらなかった、としてもやがてそれが、何かとなって現れるものである。

Terada

コメントを残す