世の状況と言うものは…

世の状況と言うものは、何処でどうなるか分からないものである。
しかし、一つ確かなことは前に進める意思であり、そこにそそぐ意識である。そして、目的まで一歩一歩、あるいは数センチずつと言った方が良いかもしれない。それくらい途方もない目に見えない努力があれば物事と言うものは動き出す。
その、ジッとして待つ辛さは計り知れないが、それが待つ努力と言うものだと思う。
私も若い時はそれが、つまり待つ努力がないために様々な失敗をした。今となってみれば、それはそれで良いのだと思う反面、無駄な時間を失ってしまった事を悔いる。
しかし、いまはそれらの経験を糧に新しい事に挑戦している。
いよいよ、マスコミがやっと動き出した。

TERADA

コメントを残す