2016。新年明けましておめでとうございます。

2016。新年明けましておめでとうございます。
今年は皆様にとって良い年になりますように。
さて、ドイツに住んで活動をするようになって足かけ17年、その中で昨年のように日本に8か月も居ることは無かった。この二年間、随分と地方自治体と関わって見たが、その結果、見えてきたものは、多分100年たっても地方は変わらないだろう、と言うことだ。
そして、原発問題を考えても地方の人たちは金に群がる事しか頭にない。未来よりも今の饅頭が欲しい。
もう少しましな創造力を持てないものかと毎日思う。
しかし、それを見透かして自民党政権は金をばらまく。
未来の日本より今の自民党政権の維持を考える。
世の中の人たちもそれは分かっていながら自民党に1票をいれる。特に地方の人たちははその傾向が強い。
それ故何も変わらない。
こうゆう現象を一言で言えば、人材不足と言える。しかし、そんな事は誰も言わない。
このことについての政策が全くないのが残念でならない。
政治家のレベルもさることながら、メディアのレベルが低い、これでは国民の代弁など不可能である。
この程度の話題だけではないが地方も日本も金まみれの状況を永遠に歩むとすれば、世界の社会状況は国民が全く望まない方向に進んでもおかしくはない。
2016年。新年。

Rin TERADA

コメントを残す