私のプロジェクトが…

私のプロジェクトが、みんなに分からない。と言うのは途中の説明をしないからだ、と思う。これは、私がいつも突発的に制作しだすのと同じことだと思う。つまり、急に頭のなかに色々な要因が現れてきて、それを直ぐ行動にしてしまう。その点において私は正直な人間である。だから言いかえると、現象に対して素直だと思っている。そうした素直さは得てして人とぶつかり、社会と合わなくなる。私がそれに気づいたのは高校2年の時である。その発端は部活のコーチとのわだかまり、それと学生運動を否定的に見ていた事もそうではないかと思っている。
絵を描き出してから、先生の言う事を真に受けてしまって失敗したことも何度かある。それでも幸か不幸かそう言う事は気にせず前に進む事ができた。そうした性格を形成した要因は姉にある。と思っている。
何故か、と言えば姉はいつも私の遊ぶところに立っている。その姉を近所の子供たちが馬鹿にする。そうした日常生活が私の無機質な性格の部分を作り出したのではと思う。
また、世話好きな気質は完全に父親から受け継いだものである。だから今の海外出品プロジェクトも私の生来の性格からきている。それ故、竹下成果工場も私の性格上の成せる事だった。と言うことになる。
やることは理解されなくても、私の行動の後には必ず新しい道ができる。と信じている。そこをみんなが後から歩けば良い。

TERADA

“私のプロジェクトが…” への1件のフィードバック

コメントを残す